タグ: 離党

離党と政治への思い

みんなの党を離党しました。

今回、突然しなければならならなくなった決断で皆様を驚かせ、またご心配をおかけしたことをお詫びいたします。ご支援くださっている皆様、本当にありがとうございます。そして一緒に活動を続けてきた同士の議員の方たちとは国民の皆様のために、再び共に働ける時が来てほしいと心から願っています。

私がメディアの現場で働いていた時いつも感じたのは、政治が本当に国民のために行われているか、ということでした。みんなの党の登場は私にとって政治を変えられる、国民を主役にした改革を実現する希望の星でした。これが私を政治の世界に向かわせてくれた原点です。

強固な官僚機構で組み立てられた中央集権制度、がんじがらめの規制と既得権益で一部の利益を守る仕組み、弱者を取り残し解決すべき課題を将来の世代に先送りする体質。これらを打破して、国民のための政治を取り戻す仕事の一端に身を置きたいと私は強く思いました。しかしこのところ党の進んでいる方向を見ていると、希望の星は雲の中に隠れていくような気がしてなりませんでした。

もう一度、皆様から支援していただいた原点に戻って国民の側に立った政治を目指すことが私の務めではないかと思い至り、今回の決心となりました。私の信念,信条を実現することは容易なことではないのは分かっているつもりです。それでも全力で取り組むのが政治を志した者の責任であると考えます。

どうかご理解いただき、これからも支えていただければ幸いです。