カテゴリー: ブログ政治プラス1

政界再編夏の陣!

1月から始まった通常国会も終わりました。

秋の臨時国会まで暫し休会となりますが、政界再編の動きはここからスタートです。

22日には日本維新の会が会合を開き、分党を正式に決める予定です。これを受け、結いの党は維新の会と合流へ向けて基本政策や党綱領の協議を始めます。秋の臨時国会までを目標に進めますが、同時に民主党やみんなの党など他の野党との話合いも続け、自民党に対抗できる野党の結集を目指します。再編と言っても容易ではありませんが、全力を注いで政界の新たな動きを作り出していきます。

今回も自民党の国会運営は、やりたい放題の連続でした。一番重要な審議の場である予算委員会は、なるべく開かない、開いても安倍首相の出席は出きるだけ少なくする。そして特定秘密を審査するための国会法案を、秘密保護法の時と全く同じように、十分な審議要求を拒否し国会終盤で強行採決というやり方で成立させました。1強多弱を見せつけられ、何とかしなくてはと思うばかりでした。

いま最大の政治課題となっている集団的自衛権でもそうです。憲法にかかわる国の基本的な政策の変更を、一内閣の閣議で決めてしまおうとしています。もっとみんなで議論をし、じっくり時間をかけて結論を出すのが、当たり前ではないでしょうか。

数の力を背景にこれまでの古い政治に逆戻り、全く緊張感がありません。

残念ながら野党はいま、バラバラで多弱です。これを何とか変えなければなりません。ここに来て少しずつ、その動きが出始めています。与党に対抗できる勢力をまとめる時が迫っています。

やはりここは互いに小さな違い、対立を乗り越えてまとまるべきところはまとまる、つまり小異を捨てて大同につく覚悟を持たなければならないと私は思っています。

政界再編を目指す暑い夏になりそうです。

会派問題について

新しい年と共に通常国会が始まりました。

国会活動の元になる私たちの会派問題は衆議院は解決しましたが、参議院では開会までには間に合いませんでした。このため正常な議員活動ができることになった衆議院とは違って、参議院は会派の控え室は貰えず代表質問や委員会での活動もできない状態が続くことになります。普通の国会の仕事、議員としての務めを果たせないのは大変残念な気持ちでいっぱいです。

何とか解決していただくことはできないのか。比例議員は所属していた党を離れるなら議席を返すべき、というご意見をいただきます。つまり党を支持してくれた有権者のみなさんの票で当選できたのだから、という理由です。でも皆さんから選んでいただいたはずの党自体が変わってしまったらどうなのでしょうか。古い体質の政治と対決し、国民のために改革を進めていく、そして新しい国の形を目指して政界再編に挑む、その約束は何処へ行ってしまったのかと感じている支持者の方もいらっしゃるでしょう。また私たちの行動は各党にも理解していただき、「4割もの議員が離れるのは離党ではなく分党だね」という声も多くいただきました。

選んでいただいた支持者のみなさんを裏切ってはいけない。私の思いはここにあります。

国会内では現在、各党のご理解を得ながら私たちは解決を目指す努力を続けています。通常国会は6月22日までの150日間。長い会期ですが、議員としての正常な活動が1日でも早く取り戻せるよう誠実に対応していきます。

2014年は激動!?

新しい年が本格的に始動しました。

皆さん、ことしもよろしくお願いします。

去年はデフレからようやくちょっぴり明るさが見えた一方で、政治はねじれがなくなり巨大与党の暴走が目立ちました。その最たるものが特定秘密保護法案の審議でした。

こうした状況を止めるには一強多弱と言われるように、残念ながらいまの野党にその力はありません。政治は数、ということを見せつけられる思いです。

ことしもこのまま行けば、集団的自衛権とその先にある憲法改正問題、原発の再稼働、そして消費税の再増税など私たち国民がもっと議論をしなければならない重要な課題を強引に進めたり、決めたりしてしまうことがどんどん続きそうです。

野党の役割はこの巨大与党と対決し、改革を進めていくことだと思います。

自民党ではやらない、いやできない改革。それは公務員制度改革をはじめ、しがらみだらけの既得権益の打破や規制の緩和。そして官僚による中央集権ではなく地方、地域を大切にした少子・高齢社会に対応した仕組みをつくり上げていくことではないでしょうか。

そのためにはばらばらな多弱野党が協力すること。しかしお互いの政策をどう一致させていくか、違いの大きな課題もあり簡単なことではありません。

これを乗り越えなければ野党の力の結集も国民の皆さんの信頼も得られないと思います。

与党と対決できる野党の再編を目指すまさに正念場です。私はことしがそのスタートの年、「政界再編元年」ではないかと考えています。

政治の世界2年目の私ですが、自分のできることに全力で取り組みます。

皆さんのご理解とご支援をお願いいたします。

2013年の終わりに…

2013年も暮れようとしています。この1年は、私にとって大きな出来事の連続でした。

ニュースを伝える仕事から地元市議会議員を経て、参議院議員としての活動を始め、直ちにアベノミクスめぐり参院本会議で代表質問、夏には都議選、参院選の候補者応援、特定秘密保護法案では特別委・委員として審議、反対投票、そして新党への参加。

テレビ局時代の現場と比べても、こんなにもめまぐるしい1年はありませんでした。
写真 のコピー 22
写真 のコピー 23

政治の世界の難しさも経験し、ご支援くださっている皆さんには大変ご心配をおかけしました。新しい年も自分の目指すところを見失わずにいきたいと思います。

原発は将来へ向けてゼロにしたい。自然エネルギーの開発を促進し、右肩上がりでなくてもいい、着実な経済再生で持続可能な社会を実現したい。消費税増税はきっちりと社会保障の充実に当て、将来を担う世代への問題先送りはしない。チャンスは平等に、弱者に優しい社会をつくる。まだまだたくさんあり、特定秘密保護法も今のままでいいはずはありません。

地域を主役にし、既得権益や族議員を許さない政治は自民党政権では決してできません。改革を進める仕組みづくりを止めない。このために私は新党に参加しました。

これからも皆さんと共に、国民に分かりやすい優しい政治を私は目指します。

本当にお世話になりました。

新しい年も変わらぬご支援をよろしくお願いします。