特定秘密保護法案の秘密!

あす10月15日から臨時国会が始まります。

この国会には国家安全保障会議設置法案と、これとセットで特定秘密保護法案が提出されます。

特定秘密保護法案は、運用の仕方によっては国民の生活や権利を奪う危うさを持っていると言われているのはご存知と思います。

行政の様々な情報を「特定秘密」に指定すれば、公開しなくていいのです。そしてその「特定秘密」を知ろうとしたり、他の人に漏らしたりすると罪に問われることになります。罰則も最高10年と強化しています。

何が「特定秘密」なのか…インターネットに流出した尖閣沖漁船衝突事件のビデオ映像は「特定秘密」になる?原発やTPPについての情報も?こうした秘密かどうかは、政府など行政機関の一存で決まるのです。国民の「知る権利」についても曖昧なまま。また逆に本人が知らぬ間に「特定秘密」の情報を知ったり、人に知らせたりするということも起きるかも知れません。さらに個人が監視されるような恐れも考えられます。

私は現役のキャスター時代、メディア規制3法案めぐり個人情報を守る一方で報道の自由が規制されることには反対をしてきました。今回の法案も「特定秘密」を守るためという理由で、国民のプライバシーや「知る権利」がないがしろにされることには反対です。

参議院のいわゆるねじれがなくなって初めての国会です。会期は12月6日までの53日間しかありませんが、国の安全を守ると共に国民のことも大切にした法案を作るための丁寧な審議をしなければと思います。

 

 

5 comments

  1. 野見山敦 says:

    特定秘密保護法案の成立に懸念を表明します。
    同法案は国民の知る権利を阻害し、現在の日本国憲法で保障されている国民主権を阻害します。参議院議員として国政に参与している貴殿には、みんなの党の党首渡部喜美氏はじめ、みんなの党の国会議員諸氏に対し、同法案の廃案を呼び掛けることを強く訴えます。

    東京都豊島区駒込6-2-16 駒込フラット511
    野見山敦

  2. 小谷成美 says:

    修正合意後のみんなの党の方針、どうしても納得できません。

    真山さんがブログに書いていらっしゃる懸念、何一つ解消されていないのではないでしょうか。

    今からでも、きっと間に合います。法案への同意を撤回するよう、みんなの党を説得して下さい。それが難しくても、せめて継続審議にして、より広い市民の声を聞いて下さい。

    真山さんを応援しています。渡辺代表はじめ、みんなの党の人たちを説得して下さい。みんなの党には、きっと、同じように思っている方がたくさんいらっしゃるはずです。

  3. 【憲法98条1項により無効な、憲法違反だらけの特定秘密保護法案】

    憲法13条 幸福追求権・自己決定権 侵害 (選挙権も侵害)

    憲法14条1項 差別禁止 違反 (圧倒的大多数の国民・国会議員に故意に正当な理由を示さず教えないという差別)

    憲法19条 思想良心の自由 侵害 (内部告発する権利を侵害)

    憲法21条1項 表現の自由・国民の知る権利 侵害

    憲法31条 不法刑罰禁止 違反

    憲法41条 国権の最高機関 違反

    憲法62条 国政調査権 侵害

    このような、憲法違反だらけ、ツワネ原則違反だらけの世紀の悪法は、当然に廃案とすべきです。

    渡辺喜美代表の暴走ぶりでは、見識ある国会議員としては、渡辺喜美の私物と化したみんなの党を離党せざるを得ないはずであるし、「造反」「反党行為」などと全く不当に叩かれる前にさっさと離党すべきであることも余りにも明らかであると思われます。

    応援しています。

  4. 岩間 秋子 says:

    初めてメールします。
    真山さんのこの法案に対する心配は
    反対している人々も同じく感じていることです。衆議院でみんなの党が賛成にまわったのにはがっかりです。あれほど公務員改革の
    旗印を掲げていながら、この法案ではますます
    官僚のやりたい放題になると危惧されているのにです。
    真山さんの参議院議員としての良心に期待しています。

  5. 井口一紀 says:

    特定秘密保護法案は国民の基本的人権を侵害し国民の自由と知る権利を侵害
    する恐れのある危険な法案であることが多くの国民に浸透しています。決して
    拙速な審議にならないよう委員長として、公正中立な立場で審議することを強く要請します。

Comments are closed.