大震災から2年に思うこと

あれから2年目の3.11がやってきました。

新聞、テレビが伝えるように被災地の復興の遅さは深刻です。被災した方たちのご苦労、不安は解消されるよりも大きくなっているのが現実です。

先ごろ私は宮城県石巻市を訪れました。仙台から車で太平洋に突き出た牡鹿半島の南端、クジラ漁で知られる鮎川浜まで入りました。

三陸海岸特有のリアス式が続く鮎川までの浜辺の町は津波の直撃を受け、どこも一瞬にして消えてしまいました。2年が過ぎた今も、海岸沿いには建物はなく、人の気配もありませんでした。

写真 のコピー 10
写真 のコピー 11

(写真上)唯一残っている建物

(写真下)4階ベランダから見た海岸

被災地で会った人たち誰もが口にしたのは「先が見えない」という言葉。いつになったら元の生活に戻れるのかという不安でした。そして現地で聞いた声に、支援のあり方を考えさせられました。

これからの復旧、復興で目指すのは何よりも生活の立て直し。そのためにはイベントのようなものではなく、求められるのは継続的な支援。住む家の確保。地元が望むまちの再生。

被災地で感じたのは、地元の方たちの思いが届いていないではないか、受け止められていないのではないか、ということでした。

復興という名目で巨額の予算が組まれてはいても、本当に必要なこと、必要なものに使われているのか。

政治の一端に携わっている責任として、自分のすべきことは。この節目に改めて考え、実行していかなくてはと思っています。

 

 

 

One comment

  1. reiko k says:

    この夏、遅まきながら陸前高田ボランティア活動に参加しました。
    奇跡の一本松も近くまで歩いて行けました。
    東北は初めての私ですが、震災以前の風景写真と比べると大変寂しい様子に、言葉を失いました。
    何が出来るのか?、正直答えが見つかりません。
    非力ですが出来る事を探して行きたいですね!

Comments are closed.