へこたれず改革続けます。

いよいよ残すところ、あす1日となりました。私の所属する「結いの党」は「日本維新の会」と合流し、「維新の党」が誕生します。重要な課題、懸案はほぼ決着し(あッ、まだ人事が残っていましたね)、あとは細かなところの調整を続けています。大事なのは志だと思います。志が同じならばお互いの違いは乗り越えられることを私は感じました。

国民そっちのけのしがらみだらけ、既得権だらけの政治を変えなくてはと誕生したみんなの党に、私はこれまでとは違った政党の理想を見る思いがしました。それがジャーナリストの端くれとして、政治を外から見てきた私に政治の渦中に飛び込んで日本を変えたいという勇気をくれました。

私たちの目指す改革を推し進めるためには政界の再編が必要であり、そのためには党が無くなることも辞さないという原点を受け継いだのが結いの党でした。その党が9カ月で、今またより多くの仲間たちと共に新しい党に生まれ変わろうとしています。
やらなければならないことは、内輪揉めでもなく、与党にすり寄ることでもありません。ひとりひとりの力を結集して、巨大与党と対決できる勢力をつくり上げることではないでしょうか。

新しい仲間がひとつになるのは、やはり大変なことです。政治的な考え、主張の違いは当然あります。それをどうやって乗り越えていくか、徹底的に議論をし互いに譲ることも時としてやむを得ないでしょう。大きな希望、目標に向かって進むためには「小異を捨てて大同につく」、今の私たちにはそんな知恵も必要ではないかと私は思っています。

政治とは国民の皆さんの命と生活を守ること、私はそう考えています。そのためにこれからも全力を尽くしていきます。党の名前は変わっても、目指す原点は決して揺らぐことなく前進します。

新党をつくって政界再編なんてうまく行った試しがない、などと言われたってへこたれてはいられません。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。